雜卦伝

乾剛坤柔。比樂師憂。【乾は剛に坤は柔。比は樂しみ師は憂う。】

臨觀之義。或與或求。【臨觀の義は。或いは與(あた)え或いは求む。】

屯見而不失其居。蒙雜而著。【屯は見(あら)われて其の居を失わず。蒙は雜にして著(あら)わる。】

震起也。艮止也。損益盛衰之始也。【震は起きるなり。艮は止まるなり。損益は盛衰の始めなり。】

大畜時也。无妄災也。【大畜は時なり。无妄は災なり。】

萃聚而升不來也。謙輕而豫怠也。【萃は聚まって升は來らざるなり。謙は輕くして豫は怠るなり。】

噬嗑食也。賁无色也。【噬嗑は食うなり。賁は色なきなり。】

兌見而巽伏也。【兌は見われて巽は伏すなり。】

隨无故也。蠱則飭也。【隨は故(こと)なきなり。蠱は飭(とと)のうるなり。】

剝爛也。復反也。【剝は爛(らん)なり。復は反(か)えるなり。】

晉晝也。明夷誅也。【晉は晝(ひる)なり。明夷は誅(ちゅう)するなり。】

井通而困相遇也。【井は通じて困は相い遇うなり。】

咸速也。恆久也。【咸は速やかなり。恆は久しきなり。】

渙離也。節止也。解緩也。蹇難也。睽外也。家人內也。否泰反其類也。【渙は離(はな)るるなり。節は止まるなり。解は緩(かん)なり。蹇は難なり。睽は外なり。家人は內なり。否泰は其の類を反するなり。】

大壯則止。遯則退也。【大壯は止まり。遯は退くなり。】

大有眾也。同人親也。革去故也。鼎取新也。小過過也。中孚信也。豐多故也。親寡旅也。【大有は眾(しゅう)なり。同人は親なり。革は故(ふる)きを去り。鼎は新しきを取るなり。小過は過ぐるなり。中孚は信なり。豐は故(こと)が多いなり。親(しん)寡(すくな)きは旅なり。】

離上而坎下也。小畜寡也。履不處也。需不進也。訟不親也。【離は上りて坎は下るなり。小畜は寡(すくな)きなり。履は處(お)らざるなり。需は進まざるなり。訟は親しまざるなり。】

大過顛也。姤遇也。柔遇剛也。漸女歸待男行也。頤養正也。既濟定也。歸妹女之終也。未濟男之窮也。夬決也。剛決柔也。君子道長。小人道憂也。【大過は顛(くつが)えるなり。姤は遇うなり。柔の剛に遇うなり。漸は女の歸ぐに男を待ちて行くなり。頤は正を養うなり。既濟は定まるなり。歸妹は女の終わりなり。未濟は男の窮(きわ)まるなり。夬は決なり。剛の柔を決するなり。君子道長じ。小人道憂うるなり。】