文言伝

文言曰。元者善之長也。亨者嘉之會也。利者義之和也。貞者事之幹也。君子體仁。足以長人。嘉會足以合禮。利物足以和義。貞固足以幹事。君子行此四德者。故曰乾元亨利貞。
【文言(ぶんげん)に曰く。元は善之長なり。亨(きょう)は嘉の會(かい)なり。利は義の和なり。貞は事の幹なり。君子は仁を體(たい)すれば。以て人に長たるに足り。會を嘉すれば以て禮に合うに足り。物を利すれば以て義を和するに足り。貞固(ていこ)なれば以て事に幹(かん)たるに足る。君子はこの四德を行う者。故に曰く乾は元亨(げんこう)利(り)貞(てい)。】

乾初九曰。潛龍勿用何謂也。子曰。龍德而隱者也。不易乎世。不成乎名。遯世无悶。不見是而无悶。樂則行之。憂則違之。確乎其不可拔。潛龍也。
【乾初九に曰く。潛龍用うるなかれとは何の謂いぞや。子曰く。龍の德あって隱れる者なり。世に易(か)えず。名を成さず。世を遯れて悶(いきどお)るなく。是(ぜ)とせ見(ら)れざれども悶(いきどお)るなし。樂しめばこれを行い。憂えばこれを違(さ)る。確乎として其れ拔(ぬ)くべからざるは。潛龍なり。】

乾九二曰。見龍在田。利見大人何謂也。子曰。龍德而正中者也。庸言之信。庸行之謹。閑邪存其誠。善世而不伐。德博而化。易曰。見龍在田。利見大人。君德也。
【乾九二に曰く。見龍田に在り。大人を見るに利ありは何の謂いぞや。子曰く。龍の德あって正中する者なり。庸(よう)言(げん)を之に信にし。庸(よう)行(こ)をこれ謹(つつし)み。邪を閑ぎ其の誠を存す。世を善くして伐らず。德博くして化す。易に曰く。見龍田に在り。大人を見るに利あり。君德なり。】

乾九三曰。君子終日乾乾。夕惕若。厲无咎。何謂也。子曰。君子進德脩業。忠信所以進德也。脩辭立其誠。所以居業也。知至至之。可與言幾也。知終終之可與存義也。是故居上位而不驕。在下位而不憂。故乾乾。因其時而惕。雖危无咎矣。
【乾九三に曰く。君子(くんし)終日乾(しゅうじつけん)乾(けん)す。夕べまで惕(てき)若(じゃく)たり。厲うけれども无なしとは。何の謂いぞや。子曰く。君子は德に進み業を脩(おさ)む。忠信は德に進む所以(ゆえん)なり。辭を脩め其の誠を立つるは。業に居る所以なり。至を知り之に至る。與(とも)に幾(き)を言うべきなり。終を知り之を終う。與に義を存すべきなり。是の故に上位に居りて驕らず。下位に在りて憂えず。故に乾乾す。其の時に因り(よ)て惕(おそ)るれば。危と雖も咎なし。】

乾九四曰。或躍在淵。无咎。何謂也。子曰。上下无常。非為邪也。進退无恆。非離群也。君子進德脩業。欲及時也。故无咎。
【乾九四に曰く。或いは躍りて淵に在り。无なしとは。何の謂いぞや。子曰く。上下常なきは。邪を為すにあらざるなり。進退恆なきは。群を離るるにあらざるなり。君子德に進み業を脩む。時に及ばんことを欲(ほっ)するなり。故に咎なし。】

乾九五曰。飛龍在天。利見大人。何謂也。子曰。同聲相應。同氣相求。水流濕。火就燥。雲從龍。風從虎。聖人作而萬物覩。本乎天者親上。本乎地者親下。則各從其類也。
【乾九五に曰く。飛龍天に在り。大人を見るに利ありとは。何の謂いぞや。子曰く。同聲(どうせい)相い應じ。同氣相い求む。水は濕(うるお)えるに流れ。火は燥(かわ)けるに就く。雲は龍に從い。風は虎に從う。聖人作(おこ)りて萬物覩(み)る。天に本(もと)づく者は上(かみ)を親しみ。地に本(もと)づく者は下(しも)を親しむ。則ち各々其の類に從えばなり。】

乾上九曰。亢龍有悔。何謂也。子曰。貴而无位。高而无民。賢人在下位而无輔。是以動而有悔也。
【乾上九に曰く。亢龍悔ありとは何の謂いぞや。子曰く。貴くして位なく。高くして民なし。賢人下位に在って輔(たす)くることなし。ここを以て動けば悔あるなり。】

潛龍勿用。下也。見龍在田。時舍也。終日乾乾。行事也。或躍在淵。自試也。飛龍在天。上治也。亢龍有悔。窮之災也。乾元用九。天下治也。
【潛龍用うるなかれ。下なればなり。見龍田に在るのは。時に舍(とど)まるなり。終日乾乾するは。事を行うなり。或いは躍りて淵に在るは。自ら試(こころ)みるなり。飛龍天に在り。上にして治むるなり。亢龍悔ありとは。窮(きわ)まるの災いなり。乾元用九は天下治まるなり。】

潛龍勿用。陽氣潛藏。見龍在田。天下文明。終日乾乾。與時偕行。或躍在淵。乾道乃革。飛龍在天。乃位乎天德。亢龍有悔。與時偕極。乾元用九。乃見天則。
【潛龍用うるなかれとは。陽氣潛藏(せんぞう)するなり。見龍田に在るのは。天下文明(ぶんめい)なり。終日乾乾するは。時と與(とも)に行うなり。或いは躍りて淵に在るは。乾道乃(すなわ)ち革(あらた)まるなり。飛龍天に在るは。乃ち天德に位(くらい)す。亢龍悔ありとは。時と與に極まるなり。乾元用九は乃ち天の則(のり)を見る。】

乾元者。始而亨者也。利貞者。性情也。乾始能以美利利天下。不言所利。大矣哉。
大哉乾乎。剛健中正。純粹精也。六爻發揮。旁通情也。時乘六龍。以御天也。雲行雨施。天下平也。君子以成德為行。日可見之行也。潛之為言也。隱而未見。行而未成。是以君子弗用也。
【乾元は。始って亨る者なり。利貞は。性情なり。乾始は能く美(び)利(り)を以て天下を利す。利する所を言わず。大なるかな。大なるかや乾や。剛健中正。純粹にして精なり。六爻發揮(りくこうはつき)して。旁(つぶさ)に情を通(つく)す。時に六(りく)龍(りゅう)に乘りて。以て天を御す。雲行きて雨を施して。天下平らかなり。君子成德以て行いを為す。日に見るべきの行ないなり。潛の言たるや。隱れていまだ見(あら)われず。行なって未だ成らず。ここを以て君子は用いざるなり。】

君子學以聚之。問以辯之。寬以居之。仁以行之。易曰。見龍在田。利見大人。君德也。
乾九三。重剛而不中。上不在天。下不在田。故乾乾因其時而惕。雖危无咎矣。
乾九四。重剛而不中。上不在天。下不在田。中不在人。故或之。或之者疑之也。故无咎。
夫大人者・與天地合其德。與日月合其明。與四時合其序。與鬼神合其吉凶。先天而天弗違。後天而奉天時。天且弗違。而況於人乎。況於鬼神乎。
【君子は學を以て之を聚(あつ)め。問(もん)以てこれを辯(わきま)え。寬(かん)以てこれに居り。仁以てこれを行なう。易に曰く。見龍田に在り。大人を見るに利ありとは。君の德あればなり。乾九三は。重剛(ちょうごう)にして不中なり。上天に在らず。下田に在らず。故に乾乾として其の時に因(よ)りて惕(おそ)る。危うしといえども咎なし。
乾九四は。重剛にして不中なり。上天に在らず。下田に在らず。中人にあらず。故にこれを或(わく)す。之を或すとはこれを疑うなり。故に无なし。夫れ大人なるものは。天地と其の德をあわせ。日月と其の明を合わせ。四時と其の序を合わせ。鬼神と其の吉凶を合わす。天に先立って天違(たが)わず。天に後れて天時を奉(ほう)ず。天すら且つ違わず。しかるを況んや人に於いてや。況んや鬼神に於いてや。】

亢之為言也。知進而不知退。知存而不知亡。知得而不知喪。其唯聖人乎。知進退存亡而不失其正者。其唯聖人乎。
【亢の言たるや。進を知って退くことを知らず。存することを知って亡ぶることを知らず。得ることを知って喪うことを知らず。其れ唯聖人か。進退存亡を知って其の正を失わざるものは。其れ唯聖人か。】



文言曰。坤至柔而動也剛。至靜而德方。後得主而有常。含萬物而化光。坤道其順乎。承天而時行。
【文言に曰く。坤は至柔にして動くや剛なり。至靜にして德方なり。後るれば主を得て常あり。萬物を含んで化光(かおお)いなり。坤道其れ順なるか。天に承けて時に行う。】

積善之家。必有餘慶。積不善之家。必有餘殃。臣弒其君。子弒其父。非一朝一夕之故。其所由來者漸矣。由辯之不早辯也。易曰。履霜堅冰至。蓋言順也。
【積善の家には。必ず餘慶(よけい)あり。積不善の家には。必ず餘殃(よおう)あり。臣其の君を弒(しい)し。子其の父を弒する。一朝一夕の故(こ)にあらず。其の由って來るところの者漸なり。之を辯(わきま)えることの早く辯えざるに由るなり。易に曰く。霜を履んで堅冰至る。蓋し順を言うなり。】

直其正也。方其義也。君子敬以直內。義以方外。敬義立而德不孤。直方大。不習无不利。則不疑其所行也。
【直は其の正なり。方は其の義なり。君子は敬以て內を直(なお)くし。義以て外を方にす。敬(けい)義(ぎ)立ちて德孤(こ)ならず。直方大なり。習わざれども利あらざるなしとは。其の行う所を疑わざるなり。】

陰雖有美。含之以從王事。弗敢成也。地道也。妻道也。臣道也。地道无成而代有終也。天地變化。草木蕃。天地閉。賢人隱。易曰。括囊。无咎无譽。蓋言謹也。
【陰は美ありといえども。之を含んで王事に従い。敢(あえ)て成さざるなり。地の道なり。妻の道なり。臣の道なり。地の道は成すことなくして代(かわ)って終うることあり。天地變化して。草木蕃(しげ)し。天地閉って。賢人隱る。易に曰く。囊を括る。咎もなく譽もなしとは。蓋し謹を言うなり。】

君子黃中通理。正位居體。美在其中。而暢於四支。發於事業。美之至也。
【君子は黃中(こうちゅう)にして通(つう)理(り)。正位にして體に居る。美其の中に在って。四支に暢(の)べ。事業に發す。美の至りなり。】

陰疑於陽必戰。為其嫌於无陽也。故稱龍焉。猶未離其類也。故稱血焉。夫玄黃者。天地之雜也。天玄而地黃。
【陰が陽に疑わるれば必ず戰う。其の陽なきに嫌(うたが)わしきがために。故に龍と稱(しょう)す。なお未だ其の類を離れず。故に血と稱す。夫れ玄黃(げんおう)は。天地の雜なり。天は玄にして地は黃(おう)なり。】