3.水雷屯 内卦:震 外卦:坎
陰陽 時位 象意
上六 過柔 血の涙 
九五 正天 潤活油のとどこおり
六四 正位 正しく応じる者に従う
六三 不正 森の中で迷う
六二 正中 2つの道に苦しむ
初九  正主 大きい柱

3.水雷屯 【産みの苦しみ】

 

【序卦伝】

盈天地之間者唯萬物。故受之以屯。

【書き下し】

天地の間に(みつ)る者は唯萬物。故に之を受くるに屯を以てす。

【注釈】

天と地との間に充満しているものは唯万物のみである。だから之を受けて屯が置かれている。

天地あって万物が生じ、然し未だ万物が生じない時であって、万物が発生し始めても十分に伸びる事が出来ない。 

 

【彖伝】

屯。剛柔始交而難生。動乎險中。大亨貞。雷雨之動滿盈。天造草昧。宜建侯而不寧。

書き下し

屯は。剛柔始めて交わり難生ず。險中(けんちゅう)に動き。大いに亨りて貞。雷雨の動くこと滿()()てり。天造草昧(てんぞうそうまい)(きみ)()つるに宜しくして(やす)しとせず。

【注釈】

屯は剛と柔とが始めて交わって困難が生ずる。困難の中にあっても動く。思うことは大いに叶い正しい信念の行動が出来る。雷雨になる気配が天地の間に充満している。世の中の動きは乱れていて暗く。君主を戴いて統治するのは良いが。安心できる状態ではない。

 

象伝】

雲雷屯。君子以經綸。

書き下し

雲雷は屯なり。君子以て經綸(けいりん)す。

【注釈】

雲と雷は屯の情況なり。君子はそこで天下国家を治める。

 

【卦辞】

元亨利貞勿用有攸往利建侯

書き下し

(おお)いに(とお)(てい)(よろ)し。往く(ところ)有るに用うる勿れ。(きみ)を建てるに利あり。

【注釈】

。元亨利貞。:屯難在るが故に、後に元いに亨り貞しきに利がある。

勿用有攸往今は屯難の時代であって向こうに険阻なる障害があるからむやみに進んではならない。後には必ず事が上手く運んで行くから進まずに正しい道を守る。

利建候。:優秀な者に仕事を依頼するのに利がある。

 

【字義】

屮:草木の芽 丿:地面 

:盈ちる・とどまる 駐 

 

【大象意】

幼少・行き悩み・困難とどまる・産みの悩み・苦しみ・芽ばえる・満ちる

 

運 勢

・すぐに結果は出ないが後に成果は出る。

・産みの悩み苦しみを味わう。

・人に何かを任せるのに吉。

・ 後に盛んに伸びる為の行き悩みを味わう。

・無から有を産み出す。

・目的があって悩む。

・見所のある困難。

 

 


 

 

31 水雷屯 初九 【大きい柱】

 

象伝】

雖磐桓。志行正也。以貴下賤。大得民也。

【書き下し】

磐桓(はんかん)と雖も。志正しきを行う。貴きを以て(いやし)きに下る。大いに民を得るなり。

【注釈】

磐桓の如くどっしりとして動かずにいるが。志は正しい行動をする。尊い身分にありながらも低い身分の人々に対して謙虚である。多くの人民の信望を集める。

 

【爻辞】

磐桓利居貞利建侯 

【書き下し】

磐桓す貞に居るに利あり(こう)を建つるに利あり

【注釈】

磐桓:大きい柱・どっかりしているさま・正位で正しく据わっており明哲な才を持ちながら下層に居る人。

利居貞:屯難の始めに居て進むべきでないから、正しき道を守り、磐桓する事に利がある。

利建候:初九を封じて諸侯と為し、此人と共に天下の屯難を平定するのが宜しい。 

初九は志が正しくどっしりとして動かず正しい道を守って動かない。そうして道徳才能を養い何れは天下の屯難を平定する。天下の屯難を解決するのは高位高官の中からは現われず身分の低い所の人の中から出て来る。

 

【之卦】水地此 【時位】正主 

 

【運勢】 

・社会の下層に居る実力者。

・事を興すには先ず人望を得る事。 

・困難の時代に困難を救うべき人材。 

・常道に非ずして妄りに動く時は身に害が及ぶ。 

・勇者は強者を求め民はその主を思う時。 

・実力ありながら社会の下層に在る者。 

・乱を辞めるには評を用いる。

 


 

3.2 水雷屯 六二 【2つの道に苦しむ】

 

象伝】

六二之難。乘剛也。十年乃字。反常也。

【書き下し】

六二の難。剛に乘ればなり。十年にして(すなわ)ち字すとは。常に(かえ)るなり。

【注釈】

六二の難は陰が陽に乗るからである。十年かかって婚約するのはいつもの手順に戻るのである。

 

【爻辞】

屯如邅如。乗馬班如匪寇婚媾女子貞不字十年乃字

【書き下し】

屯如邅如(てんじょ)。乗馬班如(はんじょ)(あだ)するに()らず婚媾(こんこう)せんとす女子貞にして()せず十年して(すなわ)ち字す

【注釈】

屯如邅如。:進もうとするが止めて引き返す。 

馬班如。:馬に乗って進もうとしたが引き返して内に帰る。

匪寇婚媾女子貞不字。:初九は六二と結婚したいだけで敵意を持って居るのでは無い。六二は九五と正応で結実する、貞しくして堅固なる節操がある。

十年乃字。:難の世は勢いとして十年はもたないので、十年すれば常の状態に復帰する。

 

【之卦】水沢節  【時位】正中

 

運勢

・進もうとして進む事が出来ず何度も引き返す。

・十年すれば常の状態に帰る。 

・剛強迫親の害を蒙むる。 

・目的が合わない異性から交際を申し込まれる。 

・大きな悩みがある時感情が不安定で進退に迷う。 

・何度か行き戻りした後、正しい道に進む。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.3 水雷屯 六三 【森の中で迷う】

 

象伝】

即鹿无虞。以縱禽也。君子舍之。往吝窮也。

【書き下し】

鹿に()くに()なし。以て(えもの)(したが)うなり。君子之を()て。往けば吝(きゅう)するなり。

【注釈】

鹿を追うが狩猟係の森の案内人はいない。そこで鹿を得ようとする。君子はこの様な状況では鹿を追わず。若し、この様な状況で鹿を追いかければ困窮し、恥辱をうける。

 

【爻辞】

即鹿无虞惟入于林中君子幾不如往吝

【書き下し】

鹿に()くに()なし。ただ林中に入る。君子ほとんど()つるに()かず。往けば吝

【注釈】

即鹿无虞惟入于林中。:山林を案内する案内人が無く、鹿を猟え様として林の中へ奥深く進んでゆく。之では猟に失敗をして林山に迷い込んでゆく。

君子幾不如舍往吝。:君子は物事の機徴を捉えて鹿を追いかけるのをて中止する。 

六三は才も德も無く、天下の難を救う志も無い。ただ自分の利益を貧ってむやみに進んで行く様な者。

 

【字義】

(したが)う:執着して追いかける。

()山林を管理する役人、森の案内人 

 

【之卦】水火既済 【時位】不正

 

【運勢 

・屯難の時に軽挙妄動をし禍を招く。 

・現在の行いは誤りがあるので、早く見限りをつける。 

・思い違い多し。 

・私欲、野心多きは災いを産む。

・迷った時は専門家の意見を聞く。 

・目当ての相手には先約がある。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.4 水雷屯 六四 【正しく応ずる者に従う】

 

象伝】

求而往。明也。

【書き下し】

求めて往く。明らかなるなり。

【注釈】

探し求めて行く。目的ははっきりとしている。

 

【爻辞】

乗馬班如求婚媾往吉无不利

【書き下し】

班如(はんじょ)婚媾(こんこう)を求む往けば吉利あらざるなし

【注釈】

馬班如。:難を救済したいと考えて難の世に出かけるが、自分の力量には及ばぬと見て馬を引き返す。 

求婚媾往吉无不利。:六四は、この難を救わんとする志はあるが、独力では及ばないことを知り、

初九の賢人と結婚する事を求めて、初九もそれに応じ力を合わせる。六四は自らを知り他人を知る明らかな徳を持つ。 

 

【之卦】沢雷随 【時位】

 

【運勢】 

・自分が求めるのではなく人に従う。 

・依頼する所が二ヶ所あって悩む。 

・経験のない事をやろうとすれば失敗する。 

・迷ってどっちつかずの状態。 

・先方から求めてくるのは吉。

・自分の心を知るが故に相手の心を良く理解する者。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.5 水雷也 九五 【潤活油のとどこおり】

 

象伝】

屯其膏。施未光也。

【書き下し】

其の(あぶら)(ちゅん)す。施すこと未だ(おお)いならず。

【注釈】

その恩沢が滞り。人民に施されるのが未だに多くない。

 

【爻辞】

屯其膏小貞吉大貞凶 

【書き下し】

屯其膏小貞吉大貞凶 

【注釈】

屯其膏。:天子の恩沢が難に合い天下に行き渡らない。 

小貞吉。:小さい事は正しき当り前の道を固く守るに吉。 

大貞凶。:大きい事は正しき当り前の道を固く守るに凶。 

に陥る天子、時代が悪く大きな正義が行えない。

九五よりも初九に天下の人望がある。

思い切った破格の事をしなければならない。身分の低いを初九を普通の順序に囚られずに登用したり。 

貞とは意志のままに行う事、小事は黄茶のままに行うは吉

大事は意志の手に行うは凶 

 

【字義】

膏:恩沢

 

【之卦】沢雷随 【時位】正天

 

運勢 

・特定の者だけを偏愛する。 

・何事も上手く行かず苦しみ悩む。 

・従来の習慣だけを守るのは凶。

・大きな物事を為そうとするには破格の事をしなければならない。

・頑固に過ぎて物事の全体像が掴めない。 

・小人吉•君子凶 


 

3.6 水雷也 上六 【血の涙】

 

象伝】

泣血漣如。何可長也。

【書き下し】

泣血漣如(きゅうけつれんじょ)たり。何ぞ長かるべけんや。

【注釈】

血の涙を流しとめどなく流れ憂い悲しむ。どうして長く続くことがあるだろうか。

 

【爻辞】

馬班如泣血漣如 

【書き下し】

班如(はんじょ)(きゅう)(けつ)漣如(れんじょ)たり

【注釈】

馬班如。:屯難を解決しようと出かけてゆくが才能乏しく応援する者も無いので引き返す。

泣血漣如。:血の涙を流しとめどなく流れ憂い悲しむ。 乗っている馬が走り出して止まらない。そこで泣き叫ぶ。誰も助けてくれず馬はその声に驚いてさらに勢いを増す。 

柔弱・高くして無位・才能乏しく応爻も無い・志は高い

 

【之卦】風雷益 【時位】過柔

 

運勢 

・盛んに伸びる為に通らなけらばならない行き悩み。

・小屯は小利、大屯は大利

・苦しみは絶頂に増す

・悲しみのドン底であるがもうすぐ終える。 

・屯難の困厄が既に尽きて福運に赴く。

・現在の居場所は安定せず、とは言っても進む場所もない。