元亨利貞

『元亨利貞』という天徳

.元亨利貞.(乾為天 卦辞)

乾は(おお)いに(とお)(ただしき)()あり。

易経の最初の卦である乾為天の卦辞に、乾は元亨利貞の『四徳』を持つと付されております。乾とは天の徳を表しており、地の徳が坤であります。元亨利貞の四徳は様々な卦辞の中に含まれておりまして、易経を構成する重要な思想でありますから、易経を理解して行く上で四徳を良く理解するという事が肝要であります。この乾為天の卦辞の内容は「天は元亨利貞という四徳を備え、之を人とすれば素晴らしい聖人の徳であり、この様な聖人の為す所業は正しい道が正しく実践されて、それが長期的に持続されるので物事はスラスラと何処までも通じて行く。」という事を物語っております。この四徳を備えた卦は乾、屯、随、臨、無妄、革の卦となっておりますが、乾の時勢の元亨利貞と革の時勢の元亨利貞はまた違います、乾の時勢は大始の時運であり、強大な龍の様な力を持っている時ですから、障害がありませんので思う存分に力を発揮すべき時であり、その時運の機微をしっかりと捉えなければなりません。その一方である革の時勢は革命であり、旧来の障害・弊害を取り除かなければなりませんので虎変・豹変するが如く変化が必要となる訳です。障害の無い乾の時と、障害のある革の時、どちらの卦にも四徳が与えられております。天というのはその者を試す時には、その者に大きな試練を与えてそれを乗り越えるか、その者の胆力を試すと言われております、言い換えればその試練に耐えうる四徳ある人物だからこそ、それだけ試練が大きいという事でありますから、四徳が与えられているから単純にめでたいという訳ではなく、四徳を与えられているからこそ、それに比例して障害や問題も大きいのであります。

天と人は同一である『天人合一』思想

『人』の文字は両足を開いた自立する人間を現わす象形文字でありますが、その上に二線を画しますと『天』の文字になります。この二線は人の頭上に存在する宇宙を示した古代文字です、『天』という文字は天と人との深い繋がりを現わした文字であり、天と人は合一の存在である『天人合一』の思想であります。人はこの極まる事が無い無限の如く大きな宇宙の欠片(かけら)でもあります、そして欠片でもあり宇宙を構成している一つのミクロな存在でもある、であるからにして又この肉体は宇宙であるとも言えます、天と人の密接な関係性を哲学したのが天人合一であり、『周易』は天人合一の学問であるとも言えます。例えば人の行いが悪ければ災いがあるという考えも天人合一の思想で天に唾をすれば自らに降りかかるように、誰も居なくて見えない悪事があったとして、人はその悪事は見ていないかもしれないが天はその悪事を目撃しております。天には善悪という人間の価値観に対して判断を下すことは考え難いが、ただ善い行いには善い結果を、悪い行いには悪い結果を返す訳でありまして、それが天人合一の法則の一つである『因果』であります。

 

元とは

『元』とは宇宙のような大きさを現した天徳であり、それが天から人間に配当されると『仁』という人徳となります、仁とは、 亻は人間の側面であり、二は天の魂で相手に対する思いやりであり、その真の思いやりは、相手に対して見返りや評価を求めるものではなく、切に相手の為・相手の立場に立って行う優しさです。 仁とは見返りを求めずに誰にでも平等な愛情を与える徳でありまして、天は誰にでも平等に天の恵みを与えます、美人であろうが犬の糞であろうが差別する事なく等しく日を照らします、美人でなければ嫌だとかその様な区別を致しません、仁とはその様に天のような真心で創造し育成をします。元の字義は『儿』は人間の歩く様を表します。『二』は上という古文字であり天を表します。

天は万物を創造し、之を育成して参りますが決して見返りを求めませんし、人や物によって差別や区別をしません。之が元徳の偉大な大きさです。

□元象意

大きい、始め、始まり、もと、優しさ、慈愛、全体、創造、育成、部分的であり全体的でもある、天、乾、元気、真、労わり、因果の法則

 

亨とは?

『亨』とは先祖を祭った場所の象形であり、先祖を奉(たてまつ)る事によって神意に叶い物事がスラスラと支障なく進む事を表します。それが天から人に配当されると『禮(れい)』という人徳になります、禮には神に申せば神が御示しなさるという字義があります。誠を尽くして神に接する様に、その様な至誠で人に接する事が『礼儀』という事であり、その様な至誠で天と人との調和を重んじ人との調和を心掛ける事が禮であります、その様に礼儀を重んじるが故に物事に停滞が無くスラスラと通じる事が出来ます。天はどんな障害に際しても行き詰まるという事がなくスラスラと進み停滞する事がなく進化してゆく、之が亨德です。

 

□亨 象意

とおる、通じる、進む、進化、成長、発展、奉る、風、巽、調和、和らぐ、山、謙、大和、美 喜捨

 

 

利とは?

『利』という文字は、は稲を表し、刂=刃物を表しております。良く研がれた鋭利な鎌で効率よく稲を刈って収穫をするという表意文字であります。天という存在は広大無辺でありながらも、一切の天の運行を乱す事が無い、これが天の利徳です。これが人間に配当されると『義』という人徳になります。義とは人として善なる行いを為すという事です、

人は天から魂を配当されております、これを『分(わけ)(みたま)』と申しまして、魂が道とすれば徳は器みたいな物でありますから、天の利徳は人の義徳として宿命的に人に備わる物ですから人は誰しもが生まれながら善徳を持つのでありまして、それが様々な自我や欲求によって善悪の判別が付かなくなるのも人間の性であると思います。義の文字は羊と我を合わせた文字であり、神への生贄として羊を犠牲にし、生贄である羊を切断して腹を割いて全て完全な犠牲である事を証明する。欠陥がなく正しい事を意味します。

 

ただしい、よろしい、鋭い、かがやく、行動力、利益、決断、震、善、奮闘、法則、真理、先義後利

 

貞とは?

『貞』という文字は卜と貝から成立つ。神意を問うという占いの意味であるが、神意を問うには誠心誠意の真心が必要であるから貞は至誠を表します。天は何事があっても一貫して変わる事のない不変性を持つ貞徳を持ちます、この貞徳が人に配当されると『智』という人徳になります、智の文字は知と日から成り立ちますが、知は神意に問う、日とは答えを示すという意味があります。智とは物事を正しく解決する智慧です。

まこと、持続、解決、不易、一貫性、柔順、坤、地、物質、真理