天人合一

 

天と人は本来合一の存在であるとする古代中国の思想・信仰「天人(てんじん)合一(ごういつ)

 

人は天の欠片(かけら)であり、また人は天の欠片(かけら)であるが故に人は小さな天でもあるという思想です、古代の信仰は天や山、大地など自然信仰が主でありましたが、それが幾万年もの歳月を費やして天の信仰が強く発展し継承されて、山岳信仰や大地信仰は廃れて限定的に残存するに至ったのでありますが、その古代の自然信仰が古代中国人によって経典化(きょうてんか)されたのが儒学の発祥であると考えられ、儒学の根本的思想に昇華したのが「天人合一」です。

「人」の文字は両足を開いて自立した人間を現わす象形文字です、その上に二線を画しますと「天」の文字になります。 この二線は人の頭上に存在する宇宙を示して、そして天と人との深いつながりや、人はこの極まる事なく無限の如く大きな宇宙のかけらでもあり、又この肉体は宇宙でもあるという、天と人との関係性を現わしています。 古より人の行いが悪ければ災いがあるという考えも天人合一の思想で誰も居なくて見えない悪事があったとして、人はその悪事は見ていないかもしれないが天はその悪事を目撃しております。天には善悪という人間の価値に対して判断を下すことは考え難いが、ただ善い行いには善い結果を悪い行いには悪い結果を返す訳で、それも天人合一の思想です。

※二は上という古文字

 

「天」とは宇宙であり仏であり神でありゴッドであり太極である。

 

天とは一般的には宇宙を現します、易ではこれを太極と見立てます。天は全ての物事の大いなる始まりである「大始(だいし)」であり、無から有を創造し形を成す「造化」である、天は唯一無二の絶対的な存在であります。儒教はこの天を信仰する宗教であり、それが仏教であれば仏、神道であれば神、キリスト教であればゴッドであるような絶対的な偶像的な存在がありますが、表現方法は違えど同一の事を申しているのです。